ピラティスについて

カラダが変わったら、日々の暮らしもココロも変わる。

ピラティスはそんな変化と喜びが味わえるボディーワークです。

 

カラダと向かい合うことは、自分自身と向かい合うこと。

ゆったり自分を労うようなひとときを。

健康でいきいきとした輝きを取り戻すように。

 

心地よい時間を、ご一緒しましょう。

 

10回で違いを感じ、

20回で違いが目に見え、

30回で新しい身体に生まれ変わる。

 

− ジョセフ・H・ピラティス 1883-1967

 

 

DSC_3908-edited.jpg

 

ピラティスは、人体の構造と働きに基づいて、骨格や筋肉のアンバランスや生活習慣で起こる姿勢や動作のクセを調整し、インナーマッスルを鍛えて体幹を安定させ、関節の動きを向上します。また、呼吸と共に動作することで体内循環を促し、自律神経の働きを整え、集中力を高めたりリフレッシュすることができます。

 

ピラティスは、ドイツ人のジョセフ・ピラティス氏が第一次世界大戦中に負傷兵のリハビリのために考案したコンディショニングメソッドです。1990年代にはプロアスリートやダンサー、俳優などの間で体幹トレーニングとして大流行しました。現在は、生涯現役の身体作りや介護予防として医療・介護分野でも注目され、あらゆる世代に役立つエクササイズとして老若男女、年齢問わず幅広く支持されているボディーワークです。